So-net無料ブログ作成
修士研究 ブログトップ
- | 次の5件

考え中・・・考え中・・・ [修士研究]

研究テーマが決まらない(笑)

一番楽しい時だけど苦しいときでもある
焦燥感だけはハンパない


とりあえず思いついた事を走り書きー


AR(拡張現実)技術 + 服を用いたファッション
ARタグを幾何学的模様に配置して
一見観たらただの服
フィルタ越しで見るとARファッションが見えるというモノ
ライブとかのイベントでアーティストが着てたら面白いかなと思っている
アーティストの後ろの大画面ディスプレイにARが合成された画像が映し出されれば
リアルタイムに動きに反映できるんじゃないかなとね
まぁ、これを何人かの友達に話してみたら
NHKの紅白で似たようなことをやってたよーとのこと
まぁ、そんなに簡単に独創的なアイディアは出たら苦労しないよね(笑)


図書館や本屋にある本の濃度を検索結果として表示するシステム
ダイアグラム的な感じ
いつもキーワードを入れて検索して利用しているシステムがあるんだけど
本の羅列で親切じゃないなと思う
キーワード(単語単位で本の正式名称でない)で検索するときは
別にこれだ!!って本を探してるわけじゃないから
キーワードを含む本の濃度をマップ上に示してくれたら嬉しいと個人的に思うんです
図書館だったら場所情報を登録してあるはずだから
そんなに実装も難しくないんじゃないかなと思ったりー
これは研究じゃなくて経験としてやってみたいね


インビジブルインタフェースの提案
インビジブル ≒ 不可視
インタフェース ≒ 人と機器を繋ぐ境界部
そんなもので何かないかなと思ってみたり
先生には何言ってるかわかんないって言われたけど(笑)
具体的なものであまり良いものが思い浮かばないけど
因みにインビジブルインタフェースは私の造語ですので
そんな言葉はホントはありません(笑)


居場所に合わせた携帯マナー
授業や打ち合わせのときなど
マナーモードにしてなくて失敗した経験から
マナーモードが居場所に合わせてON/OFFしてくれたら嬉しいなと
例えば自分だったら
家にいたら自働ON
学校にいたら自働OFFとかね
実装もそんなに難しくはないだろうね、きっと


ジッパー + 香水
服の上着についているジッパーで
香水の加減を調整できたらいいなと最近思いました
ジッパー全開だと香水の匂い大
全部閉めると匂い小
みたいなね






そういえばこの前ユビキタス関係の授業で先生が
この前のインタラクション学会である提案を凄い褒めてたなー
「待ち合わせ場所が自分になる」→ 待ち合わせ相手の方角を示すコンパス
待ち合わせに必要なのは詳細な地図情報じゃないってことか
シンプルで発想が良いなーって印象に残ってる



個人的に「食」で何か出来ないかと思ってみたり
食 ≒ コミュニケーションツール と思うんです
そこを上手く生かしたアイディアを考えたい
食育関係や食管理システム、食卓に食情報を付加するシステムの提案とかあるけど
そういうものじゃないんだよなー
何かないか俺の頭よ(笑)



まぁ
そんなこんなで焦ってますよ(笑)

はてさて何をやるかだ [修士研究]

修士になったので
行う研究にも4年生とは違い責任が出てくる

4年生で行った研究をそのまま引き継いでやる気はないので
スパッとテーマを変える
まぁ、そんなに簡単にテーマが決まるわけでもなく
どうしましょーって感じだ


一体自分は何をやりたいのか
それがはっきりしない
4年と同じくシステム作成をするのか
でも概念的な部分をやってみたい気にもなってきている


個人的には
モノ(日常空間に存在する)と情報の関係性なんてものを調べてみたい
情報を得るモノ(電子機器の中で)といったら
携帯電話とかTVとかそこらへんが大体
確かにそれだけでなんでも得られる利点はあるけど
どうなんだろか
様々なモノに情報を分散してもいんじゃないかと思う今日この頃
それを利用するタイミングで適切な情報をえることができる
そんな世界を想像してみたり
そしたらそれはそれでうざいかなと思ったりもするが…


他には写真
を使って何か面白い事ができないか
結構写真って撮った後見返す機会がないし
利用するとしたらブログとか加工素材とかHP素材とか
あまり情報弱者(この言葉嫌いだけど)には関係ないよねって思う
写真を利用するってことは
視覚的なモダリティを強制する必要にイコールになるかな
まぁもうちょっと考えるか
写真を楽器として利用し音楽を奏でるシステム
これどうですかねって先生に言ったら
ないわー(笑)って顔されたしなー


最後にもう1つで
人の顔を出力とするシステム
これもやってみたい
どういうのかというと
ミラーニューロン(他者行動を見ると同じ行動しているかのように神経細胞みたいなもの?)
ってのがあるらしく
笑顔の人と話してると自分も笑顔になってくるのはこれのおかげ?のような気がする
ヒトA:通常状態 ヒトB:笑顔  →  ヒトA:笑顔 ヒト:笑顔 
の部分を
ヒトA:通常状態 モノ:何かしらのアクション?  →  ヒトA:笑顔 モノ:何かしらのアクション? 
みたいにできないかなと
これは先生に面白そうだけどどうやってやるの?って言われた
まぁ、問題はそこなんです(笑)



最近、個人的に凄いなって思ったのが
フレクトリックドラムス
フレクトリックドラムス.jpg
人が楽器になる画期的なものだし、コミュニケーション促進楽器でもあると思う
マジでこれ欲しいですけど
こんな感じのもの考えたいなー


そういえば美人時計とハマッター(モバイル限定ついったーみたいなものらしい)のコラボ
あれは良いー
リアルタイム性との兼ね合いが上手いです


- | 次の5件 修士研究 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。