So-net無料ブログ作成

2ページにまとめるのも大変だ [卒研]

ある学会論文の作成中

前にも論文(4ページ×2本)を投稿したし
2ページだからすぐできるかなぁと思ったら考えが甘かった

短いと細かいところが書けない
書けないと文章の道筋が急に飛んでしまう部分が出てくる
文才が-∞レベルの私にとってはなかなか大変(笑)


卒業論文の何十ページは
それはそれで大変(添削とか)だけど
短いのもなかなか

まぁ
これも慣れですよね
頑張ります

ろん・ぶん・が・すすまない [卒研]

卒業論文の進み具合が悪い

地元にいると様々な誘惑に負けて集中できない…
やっぱ集中するときは学校でやらないと


早く終わらして買い物に行きたい
終わったら行きまくる!!
それをモチベーションにやるしかない

あー
あと冬休みに読むぞーって意気込んで借りた本
そろそろ読み始めないと…



予備実験の時期がきました [卒研]

PCのACアダプタが壊れたよー

某電気屋に行ったら
10500円だってさ、高っ!!
純製ACアダプタだからしょうがないって言われたよ
ちょっと高すぎるので研究室のもので代用してます


明日
卒研システムの評価予備実験を行う
実験内容やら環境やらアンケートを色々と考えてみたけど
上手く行えるといいなぁ


自分のシステムの内部は
ゴリゴリの画像処理
内部実装を知っててデバッグも行っているから
自分では誤動作はほぼしない
まぁ、それすら誤動作ばっかだったらやばいけどさ(笑)


意見をもらうときに何人かに
使用してもらったことがあるんだけど
上手くいく人はかなり上手くいくし
そうじゃない人は全く上手くいかない


ただ
全く知らない人に使用してもらったら
どうなるかわからない


教示内容と実験環境のセッティングに
かなり左右されそうだなぁ


自分と同じ研究生の人たちは
実験主体の人が多い
そして、実験部屋を共有しているので
上手くその人たちが使わない時間帯を狙って
実験を行っていかなければならない
これがなかなか大変そう
今週中に実験終われるかなぁー


あー、心配だ…

冬休みに向けて [卒研]

卒業研究のシステムも
評価できる位には出来上がった

うー、長かった

計20人位に意見もらいに行って良かった
やっぱ研究室内以外からの視点も大事だよね
先生にもかなり良くなったねーって言われたし
まぁ、基がどんだけひどかったのかって話だけどさ(笑)


来週は評価実験やって分析まで終わらせる
あー、被験者探しが大変そう
まぁ、頑張るか




もうすぐ冬休み
今年は実家に即行で帰る
卒業論文の第1版完成が正月明けてすぐにある
だけど卒業論文を実家でやりたくはない
というかきっとやらない

なので早めに書くしかないよね
まだ目次しか決まってないよ

早くできるかどうかは
論文から流用したらどれくらいのページ数になるかだなぁ

あとtexのコンパイルできないエラーを解決しなけば
環境設定とパスとかの問題じゃなさそう?だから
色々と調べて解決しないと




話は変わって
今日は3年生になるとあるプロジェクト学習の最終発表
いくつか聞いて回ったみた
なんかぱっとしなかったなぁーってのが感想です

3年生に求める成果の期待が過度であったのか
もしくは
自分が3年生時に比べ大幅に成長したからか、なんてね(笑)

1年前の自分達もその時の4年生達に見られた時
そう思われてたのかなーってちょっと思いました

情報を動かす [卒研]

現在の卒業研究システムでは

情報表示をする際
表示される領域が一定になっている
なので提示された情報を一度に全部見ることができない

それの解決方法として
情報をスクロールさせるという手段がある
ということで実装してみた

実装内容としては
提示された情報が領域内に全て表示できず
鏡に映ったユーザの手が情報領域にあり
一定時間以上たった場合(誤作動を防ぐため)
提示された情報を左や右にスクロールできるようにした


この機能はちょっと提案するシステムの芯からずれていると自分は思う
他の人はそんなことないんじゃないっていうけれども

この機能がないとかなり少ない情報しか見れないので
サブ機能という位置づけで自分に言い聞かす
他の人にはこの機能は好評なので
もうちょっと機能を良くしようと思う

良くするためのキー要因は、速度であると思うので
現在のスクロール加減の速度調節と
速度の増加方法の検討をしようかと思う

目指すはiPhoneのスクロール感
そんな感じ


なんか手首が痛い
どこかでぶつけのかな(笑)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。