So-net無料ブログ作成
検索選択

物語を紡ぐ街 [BOOK]

表紙がの文字デザに惹かれて中身を見ずに買った本


「箱庭図書館」読了。
p_0423_1a.jpg


6つほどの短編集があり
基本的にある街を舞台にしている
そして、話の1つ1つの作風が違って見えて面白い

この本に出てくるストーリー作り方のせいかもしれないけど
短編集を一般に公募して
そこから乙一さんがリメイクする
そういうやり方をする本ってあるんだなーとちょっと感激

個人的には、短編集の中の
青春絶縁体とホワイトステップが特に好き
「青春絶縁体」はなんか、もやもやーってして、主人公の一喜一憂が面白くて
「ホワイト・ステップ」は並行世界での積雪コミュニケーションにおける足跡や足音、文字が凄い発想やなーと思った

あまり長編小説を読みきる耐性がまだまだついていないので
短編小説で区切りよく読めるのがちょうど良く、気づいたら読み終えてた

文章だけで、引き込まれるってなんかすごいよなーと
最近、文字で伝える大切さを再認識

なんか惹きつける文字を考えたい☆
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。